2017年1月22日日曜日

w-inds.のWe Don't Need To Talk Anymoreでラップしてみましたンゴ

 w-inds.のWe Don't Need To Talk Anymoreでラップしてみましたンゴ
こんなブログ書かなくていいような気もしますが、
お暇な方はぜひ。

歌詞 https://genius.com/Koedawg-we-dont-need-to-talk-anymore-freestyle-lyrics

本家はこちら。

不倫ソングですね。

結婚してるけど、なんだか満たされないふたり。
愛し合ってるけど、離婚するつもりもない。
面倒な話はやめて、
酒飲んでEDMで踊って、
時間ないしちゃっちゃかセックスしましょうか

みたいな曲ですかね。

松浦亜弥という最高の嫁がいるというのにまったくけしからんですね。

さて、けいたくんが書いたというWe Don't Need To Talk Anymoreの歌詞なのですが、
なんか英語ばっかりで、ちょっとむむむ~って感じがしました。
「please 刺激が強いLOVE&alcohol」
なんて言われても。ねぇ。
「口移しでテキーラ飲ませて」
みたいな方が僕は好きだなぁとか思って、
ラップをしてみることにしました。
英語もなんか中学生の英語みたいな気もするしさあ。ねえ。いや大人の英語とか僕も知らないけれど。

そんな偉そうなことを言っておりますが、僕のラップはなんだかいつも通り微妙な感じになっちゃいましたし、
ごめんなさいって感じなうえ、
歌詞はいつも通り昔の曲のパクリで、
今回は岩崎宏美のシンデレラハネムーンをパクりました。

作詞:阿久悠 作曲:筒美京平

時間に追われる「不倫ソング」つながりということで。
いやーいいですね。
岩崎宏美のこのせわしないダンスは時間追われる不倫セックスを表現してるのかもしれませんね。(ちがうか)
w-inds.と岩崎宏美、新旧不倫ソングをひとつにしてみよう!という知的好奇心でラップしたのです。
(なんだか文化的に善良な行為をしてるつもりになってきちゃいますね。あほですね。ひひー。 )
それでもまぁ時代が違うし僕が男だっていうこともあるし、
シンデレラハネムーンの歌詞の男女を逆転してみました?
自分勝手な既婚女に翻弄される優柔不断なばかな男、みたいな?
そんな感じがでてますでしょうかねえ。。。

 シンデレラハネムーンの歌詞の解釈はこちらのブログが面白かったです。
http://ameblo.jp/hermeneia/entry-10295530986.html
いやいやちがくにゃいか?みたいなところもなくはないですが。

僕のラップがw-inds.に届いて、
松浦亜弥が聴いて、道重さゆみが聴いて、
そのまま道重さゆみと結婚したいという目標が最初はあったのですが、
あんまりかっこよくラップできなかったので、だめですね。
いやもちろんかっこよくラップができたとしてもダメだってことくらいわかってますよ。
もうバカなんだから。

ではこのへんで。





0 件のコメント:

コメントを投稿